大泉桜高校の受験情報まとめ【偏差値38】

下井草周辺学校まとめ

下井草駅から徒歩1分!
東大卒の塾長が合格まで徹底サポート
下井草個別指導塾です。

このブログでは高校受験前に確認したいさまざまなことをまとめています👩‍🎓🏫
今回は、下井草駅から自転車で約20分の都立大泉桜高等学校について書きました。

下井草駅周辺にお住まいの中学生とその保護者さま、学校調べにぜひお役立てください!

写真1
参照:https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/static/high_school/oizumisakura-h.html

学校の基本データ

大泉桜高校の特徴はなんといっても「単位制」でしょう。
単位制とは、生徒自ら受けたい授業を選択して個人に合った柔軟なカリキュラムを作成できる制度です。学年による教育課程の区分が設けられていない代わりに、決められた単位を修得すれば卒業が認められます。

大泉桜は主体性を重んじる校風で、単位制度も相まって生徒の自立を促しています。

大泉桜高等学校公式サイトはこちら→https://oizumisakura-h.metro.ed.jp/site/zen/index.html

進学率★★☆☆☆大泉桜へは内申点が36点以上の中学生が進学可能
高校入学以降は美術を学ぶ生徒も多く、有名大学に進学するのは上位1割以下。
校則の厳しさ★☆☆☆☆髪の染色やパーマ、ピアス、化粧は校則上禁止となっているが黙認も多いよう。
アルバイトは許可証を提出すれば簡単にできる。スマホも休憩時間の使用可能。
制服の可愛さ★★★☆☆制服はブレザーで、女子はリボン・ネクタイ、スカート・スラックスが選択可。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
進学率は以下の学校に合格人数10人以上または指定校推薦が来ていることを基準に評価。
星5:東京一工 星4:早慶上理 星3: GMARCH 星2:日東駒専 星1:その他

入試概要

入試形態

推薦に基づく選抜(推薦入試)と学力に基づく選抜(当日のテストの結果と内申点で合否が決まる入試)の2パターンがあります。

倍率

学力に基づく選抜の倍率は1.12です。(2023年度、東京都教育委員会調べ)

教科や指定校推薦を見るに女子人気が高い印象を受けます。倍率は1ですが、気を抜かずにしっかりと学力をつけて試験に臨むことが大切でしょう。

東京都教育委員会のサイトはこちら→https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/admission/high_school/application/release20240214_02.html

合格基準点

学力に基づく選抜の合格基準点は480点です。

また、内申点36〜38点が必要です。オール3の生徒の内申点が39点ですので、内申点36点以上とは、その時の平均点にもよりますが定期テストで全科目40〜60点を取らないといけません。

ここまで読んでくださった方に朗報です!!
推薦入試の分布推薦入試の際に必要な内申の目安過去に大泉桜に合格した人がどんな成績を取っていたかなど、検索してもなかなかヒットしないようなここだけの情報をお教えします!

ぜひ知りたいという方は下記ボタンからお問い合わせください!!

※お問い合わせいただいた方限定にお教えしております。

卒業後の進路

指定校推薦枠

大泉桜には、下記大学から指定校推薦が来ています。
東洋大学、武蔵大学、東京電機大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学など・・・

指定校推薦とは?
大学側が指定した高校の校長が、自校の生徒を推薦する入試制度です。
1つの高校から推薦できる人数が限られているので、人気のある進学先の推薦枠を得るには、校内選考での選抜を通過しなければなりません。ですが、他の入試方法よりもライバルは少ないため合格する可能性が高い入試方法です。指定校推薦は、大学と高校の信頼関係のうえに成り立っているので、合格したら必ず進学する必要があります。

有名校に行ける確率

学校のレベル進学(合格)確率
難関国公立困難
早慶上理困難
GMARCH0.62%
日東駒専4.35%
大東亜帝国1.24%
それぞれの合格者数÷3年生の生徒数×100で算出

大泉桜は美術系大学に強く、毎年多摩美術大学武蔵野美術大学といった有名美術大への合格者を数多く輩出しており、2023年度には東京藝術大学東京学芸大学の現役合格者も出しました。
大泉桜では多くの生徒が美術系・福祉系の4大や専門学校へ進むため、上の表にあるような大学を志望する場合には他の高校に進学するか、相当な努力が必要です。

考えられる併願先

下井草駅から30分圏内の併願先はこちらです。

・豊南高等学校(下井草駅から自転車で30分)
・女子美術大学附属高等学校(下井草駅から自転車で30分)
・東亜学園高等学校(下井草駅から電車で20分)

学校の特色

行事

6月の体育祭と9月の秋桜祭(文化祭)があります。特に、秋桜祭ではハイレベルな舞台発表や美術作品の展示、模擬店などが賑わいます。校内の雰囲気を知るために、公開されている行事に足を運んでみても良いかもしれません。

授業

3学期制、50分×6時限

単位制で、学習する科目の約4割を自分で選べます。基礎教科のほかに素描・クラフトなどの美術系科目や社会福祉基礎、保育実践、中国語、プログラミング基礎など多彩な科目を設置しています。

部活

約30の部・同好会が活動中。他の高校にはない珍しい部が多い印象です。

運動系では、関東大会に出場したフェンシング部をはじめ女子バレー部やダンス部が日々練習を重ねます。文化系では、全国大会出場の手話部文化系部活動のインターハイと呼ばれる全国総文祭出品の美術部関東大会優良賞の演劇部らの活躍が目立つほか、アコースティックギター部やクッキング部なども盛んに活動しています。

最後に

大泉桜に通うメリットは自分の関心に合った授業(特に美術系)を受けられることでしょう。
反対に、大泉桜に通うデメリットはGMARCHへの進学が難しいことが挙げられます。

都立大泉桜高等学校合格を下井草個別指導塾にお手伝いさせてください

私たち下井草個別指導塾では、東大生の塾長が、生徒さんと目標設定から独自カリキュラムの作成、学習の進捗管理までを行うので目標に無駄なく近づくことができます。

志望校合格への3つの秘訣!!
・ 生徒様にあった学習プランを提供
・ 一人一人に寄り添った丁寧な指導
・  「話す授業」で理解度をアップ

より詳しいことは下のボタンをクリックしてください。

現在、無料体験授業・面談を実施中!!
ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

コメント